美肌ゲットだぜっ!

お肌の気になるあれこれを解決!みんなで美肌になろう!
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

20.エステサロンでのケア2

<新陳代謝up>マッサージ
新陳代謝を活発にし、血流を促進してくれるマッサージ。
サロンによっては「むくみ解消」や「リンパ・ツボ押し」「リフトアップ」など
目的に応じた様々な美肌メニューを、テクニックを駆使して施術してもらえます。
それぞれのサロンの腕の見せ所でもありますね。


<美容成分を肌へ浸透>パック
マッサージで温まった肌をクールダウン。
パックで保湿と美容成分を肌へ浸透させます。
含まれる美容成分は、悩み別に色々用意されている事が多いですね。


またマッサージ同様各サロンの差別化にも一役買っているパック。
炭酸ガスや純金、ご当地的なものでは和紙を使って行う物まで
特色や効果も様々です。


基本はシンプルですが、「必要な事」をしっかりとしてくれるのがエステでの施術。
汚れを落とした肌へは有効成分がどんどん染み渡ります。
成分はスムーズな血流に乗って要所へ運ばれ、その力を発揮。
新陳代謝が上がればターンオーバーも正常に。
明日の美しい皮膚を作って表皮へと押し上げてくれます。


施術後は顔のむくみやくすみが取れ、顔色が明るくなります。
水分をたっぷりと蓄えた肌はモチモチ。
しっかりリラックスできれば心からもピカピカになれそうですね。


生活、お手入れなど様々な角度から美肌への道を見ていきましたが
いかがでしたでしょうか?
皆様の美肌作りのご参考に、一部でもお役に立てれば光栄です。




スポンサーサイト
【 2012/12/01 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

19.エステサロンでのケア1

いつものお手入れを、プロの手で更に効果的に
行ってくれるのがエステサロンでのケア。


静かで心地のよい素敵空間で、
更なる美肌を夢見つつゴッドハンドに
癒されるひと時はまさにお姫様気分。


主なサロンでの美肌基本メニューは
クレンジング→洗顔→マッサージ→パック
あれ?お家でのケアと一緒?


しかしこれを念入りに、プロにしかできない技を
持って施術してくれるのがエステサロンの醍醐味。


お家ケアとの違いも含めて見てみましょう。


<表皮の洗浄>クレンジング→洗顔
細かい所まで丁寧に、時間をかけて行ってくれます。
人にしてもらうとよくわかるのは、自分が普段いかに肌を
乱暴に扱っているかという事。


「えっ?これでいいの?」と思うぐらいの優しいタッチに、
初めての方は少し戸惑うかも。


おうちでの美肌ケアの参考にもなりそうです。


<毛穴の洗浄>吸引
表皮の汚れを洗い流したら、次は毛穴のお掃除。
スチームやホットタオルで肌を温め、毛穴を開かせてから
つまった汚れを優しく吸引して取り除きます。
こうしておく事で、この後の美容・保湿成分の浸透がまるで違うのです。
【 2012/11/30 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

18.アレルギー経験談not敏感肌

前述の続きになります。
非常に個人的な話で恐縮ですが、
幼少時からアレルギー持ちの、
私のアレルゲンの一つに「猫」がありました。


わかっていたのに一人暮らしを機に飼い始め、
その上タバコまで覚えてしまったのだから、もう肌はボロボロです。


体はおろか顔面からも、年中痒みがなくなる事はなく、
冬には更に乾燥する為ボリボリと手はでっぱなし。
そして場所を変えつ変えつし、消える事のない吹き出物。


それでも20年もの間、「体質だから治らない」と思い込んで
敏感肌用化粧品を買い込んでは「美肌ケアをしてる」気になっていた自分。
呆れてしまいます。


「私は病気じゃないから、基礎化粧品は化粧品屋で買う」
意気込んで「美肌になりたいんです!」「吹き出物が多くって」
「いいのありますか?」と乗り込んだ所で
コスメカウンターのお姉さま方も、あなたには売れませんとは・・・
なかなか言えませんよね。


2年ほど前に猫が寿命を迎え、とあるきっかけから禁煙に成功しました。
現在の肌は驚くほどのトラブル知らず。
過去から見れば、あくまでも当社比ですが「美肌」です。


あの頃の焦りやコンプレックス、かけた金額。一体なんだったんでしょう。
高い美容液を買ったはいいが使い切れず
「私の肌には合わないみたい・・・」なんてメーカーに文句たれてたり。(何様)


アレルギーの根本治療は難しいのですが、わかっている分だけでも、
アレルゲンを遠ざけられれば結果は出ます。
(反応が強いアレルゲンほど効果はわかりやすいですよね。)
花粉症の方などはもう十分にご存じと思います。


私の化粧棚から「敏感肌用」がほぼ消えつつあります。
しかしいい歳になってから繰り返した大人ニキビの跡、
皮膚のデコボコはもう消えません。


かわいがっていた猫を手放さなかった事、(また飼い始めた事)に後悔はありませんが
「治療が必要」な肌を「敏感肌」と決めつけていた甘さには、やはり頭を垂れる他ない

のです。

アレルギーと敏感肌はイコールではありませんが
(結果症状として敏感な状態になる事はあると思います。)
「美肌」と「健康な肌」は紛れもなくイコールです。

私ほどのお馬鹿さんでなくとも、心当たりのある方は要注意!
思い込みを捨てて「健康美肌」に一歩でも近づきたいですね。
【 2012/11/29 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

17.敏感肌≒病気

美肌とは少し外れてしまうかもしれませんが、
経験談を交えて少しお話させていただければと思います。


アレルギー等で肌が荒れている場合「敏感肌用化粧品」では治りません。
美肌以前にきちんと病気の治療をしていく事が最重要課題となります。
私自身、慢性的が故ずっとこれに振り回されていた時期がありました。


アレルギーは原因が一つでない事も多く、
治療の効果も目に見えては上がりづらいですよね。
日々慢性的に調子が悪いけれど、病院に行くほどでもない、
行ってもあまり変わり映えしない


となるとどうしても「病気」という意識は薄れていきます。


社会人ならある程度のお化粧は必要で、化粧品はどうしても毎日使うもの。
選ぶ時には「刺激が少ない」という意味で「敏感肌用」を選ぶようになります。


落とし穴です。アレルギーの治療を怠っているにも関わらず
「敏感肌っていう体質」で済ませて思い込んでしまうんですね。


年齢に伴い悩みはどんどん増えます。「シミが濃くなった」「なんかたるんできた」
化粧品を変えたくなったり、色々手を出したくなります。
結果肌の方が負けて荒れて、以前より悩みが増えたりと正に本末転倒。


実際に美肌への積極ケアの恩恵にあずかれるのは、健康な肌のみです。
全く効果がないとは申しませんが、様々な美容成分がその威力を発揮するには
相応にターンオーバーをはじめとする、肌作りのシステムが機能していなければ意味が

ないのです。


非常に個人的な話で恐縮ですが、
幼少時からアレルギー持ちの、私のアレルゲンの一つに「猫」がありました。


わかっていたのに一人暮らしを機に飼い始め、
その上タバコまで覚えてしまったのだから、もう肌はボロボロです。


半ば理由はわかっていながら慢性化。顔はずっとムズムズしていました。
冬には更に乾燥する為ボリボリと手がでっぱなしの痒み、
そして場所を変えつ変えつし、年中顔から消える事のない吹き出物。


それでも20年もの間、「体質だから治らない」と思い込んで
敏感肌用化粧品を買い込んでは「美肌ケアをしてる」気になっていた自分。呆れてしま

います。


そして相談する相手がそもそも間違い。
「私は病気じゃないから、基礎化粧品は化粧品屋で買う」
コスメカウンターのお姉さま方も、あなたには売れません、これは効きませんとは・・

・言いませんよね。


2年ほど前に猫が寿命を迎え、とあるきっかけから禁煙に成功しました。
現在の肌は驚くほどのトラブル知らず。
過去から見れば、あくまでも当社比ですが「美肌」です。


あの頃の焦りやコンプレックス。一体なんだったんでしょう。


アレルギーの根本治療は難しいのですが、わかっている分だけでも、
アレルゲンを遠ざけるだけで結果は出ます。
(反応が強いアレルゲンほど効果はわかりやすいですよね。)
花粉症の方などはもう十分にご存じと思います。


私の化粧棚から「敏感肌用」がほぼ消えつつあります。
しかしいい歳になってから繰り返した大人ニキビの跡、
皮膚のデコボコはもう消えません。


かわいがっていた猫を手放さなかった事、(また飼い始めた事)に後悔はありませんが
「治療が必要」な肌を「敏感肌」と決めつけていた甘さには、やはり頭を垂れる他ない
のです。
【 2012/11/28 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

16.お悩み別対策 

美肌の大敵、しみの原因は他の項でも少しづつお話していますが、
多くは紫外線による物。
毎日の紫外線対策とケアはぜひ続けていきたいですね。


さて、紫外線以外でもしみの原因になっているものがありました。
「摩擦」です。


洗顔でゴシゴシ、タオルでゴシゴシなんてもっての他、
頻繁すぎる角質ケアや力を入れすぎたマッサージも、しみの原因になる事があります。


肌をゴシゴシこすっていれば炎症が起きます。炎症の起きた場所では活性酸素が発生。
しみの原因であるメラニンには活性酸素を還元する力があるので
炎症の起きた場所へ集まっていきます。


慢性的に炎症が起きている場所に生成されたメラニンがどんどん集まり、
それらが排出されずに溜まっていくと、それがしみになります。


美肌を意識するあまりにしみを作ってしまうなんて、なんとも腑に落ちない話ですね。


できてしまったしみはハイドロキノンやコウジ酸、アルブチンなど配合の美容液で
少しでも早く、薄くしていく為の対策を。


またプラセンタエキスやトラネキサム酸には活性酸素の発生を阻止する効果があるそう

です。


活性酸素を消去する効果のあるビタミンCは一緒に美容液に配合されている事も多いです

ね。

有効成分を、気になる場所に速やかにとどけてくれます。
もちろんサプリや食べ物で、体内から摂取するのも効果的ですよ。


色ムラのない美肌は永遠の憧れです。
紫外線予防、活性酸素のコントロールおよび除去、できてしまったシミには早く分解、

排出ケアと三段構えで守り抜きましょう。



【 2012/11/27 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。