美肌ゲットだぜっ!

お肌の気になるあれこれを解決!みんなで美肌になろう!
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8.美肌お手入れ編 


まずはお肌にあった洗顔料とやわらかい清潔なタオルを用意。
美肌作りのスキンケア第一歩です。


洗顔料はかなり個人差があると思うので、こちらでのおすすめは割愛しますが
選び方の注意点について2点だけ。


ニキビや吹き出物に悩む人→「殺菌・脂性」にこだわりすぎない。
かえって殺菌成分に肌が負けてしまう人や、「皮脂汚れ」のみが原因でない場合も多いです。
さっぱりタイプを選んでいただく分には問題ないかと思います。


乾燥・敏感肌の人→石鹸タイプにこだわりすぎない。
泡がたたないと洗った気がしない、という方もいらっしゃいますが
いつものメイクや肌質、洗顔の回数等によっては
泡の立たない洗顔料(クレイやアーモンド粉ベース)の方がよい場合も。


洗顔前にはまず手を石鹸で洗いましょう。
「顔と一緒についでに手も洗う」はナシです。
洗顔料が石鹸タイプの場合は特に、手に油分が残っていると泡がちゃんとたてられないハズです。


よーく泡立てたら肌にのせてクルクルします。
この場合直接手と肌は触れません。「作った泡を肌の上で転がす」イメージです。
(泡立たない洗顔料の場合は優しくマッサージするつもりで。)
美肌になーれと優しく優しく。


すすぎは必ずぬるま湯で。「熱い」「冷たい」など温度差も刺激です。
刺激を感じると汚れを閉じ込めたまま毛穴は収縮してします。
なんの為の洗顔なんだってならない為にも。


最低でも20回きれいな流水で、髪の生え際も残さないように。
すすぎ残しはニキビや吹き出物の原因にもなります。
この場合もごしごしこすらないでください。
また水圧の高いシャワーを直接顔にかけるのも避けましょう。


仕上げはやわらかい、清潔なタオルでそっとおさえるようにふき取ります。
「顔を拭く」ではなく「顔の上の水分をタオルに吸わせる」イメージで。


そして洗顔後には1秒でも早い保湿をお忘れなく!
美肌は毎日の積み重ねで作られます。

【 2012/11/16 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。